防災訓練

1月に来日したばかりのJCMU学生40名が防災訓練の一つとして阪神淡路大震災を映像で学習しました。世界中にニュースとして報道されたため、新聞を通じてこの震災を知っていた彼らも、実映像に衝撃を受けていました。ある体験者の語る「いざという時に役立ったのは助け合いであった」は体験者共通の言葉でした。


« »