よくある質問と答え

よくあるご質問とその回答のご紹介

ミシガン州立大学連合日本センター(JCMU)では、アメリカからの留学生が学ぶ「日本語・日本文化プログラム」の他に、「英語プログラム」があります。この「英語プログラム」では、留学や進学を考える方、外国の人ともっとコミュニケーションを図りたい方など、さまざまな目標を持った方々が年齢、職業を超えて英語を学習しています。
そこで、当センターの英語講座にご関心のある方や、今後受講してみようかなとお考えの方に向けて、当センターの英語講座について、よく寄せられる質問とその回答をご紹介します。きっと、どのような英語講座なのかをご理解いただけると思います。


Q1.一般英語コースにはどのようなクラスがありますか?

当センターでは、受講生のご要望に合わせ、様々なクラスを設けております。 月曜日から金曜日まで、毎日集中して英語を学習するクラス、またご自身の目的や時間、興味にあったクラス(月~土,週1回~)からご選択いただけます。当センターの所在地である彦根のほか、南草津(夜間のみ)でもクラスを設けております。

Q2.いつから受講することができますか?

春・夏・秋・冬の4学期制をとっており、どの学期からでも受講可能です。いずれの学期も約3ヶ月のコースとなっています。また、7月下旬から8月中旬には、夏休みを利用した5日間の短期集中プログラムもあります。

Q3.JCMUで勉強されている受講生の皆さんは、将来留学を予定されているという印象があります。一方、私は総合的なコミュニケーション能力向上のために、英語を勉強しようと考えていますが、JCMUでの授業は私のような者にも役立つ内容ですか?

はい、役立つ内容です。JCMUで勉強されている方々は、様々な理由や目的を持っておられます。アメリカの大学に留学する受講生もおられますが、学術以外を目的とされる方も多くおられます。JCMUでは、高校生からシニアの方まで、皆さんの関心や興味に合わせた内容の授業を行っています。

Q4.JCMUの英語プログラム受講生は、アメリカの大学等に編入できますか?

毎年、何人かの受講生の方が英語プログラムを修了したのち、海外に留学されています。JCMUの英語プログラムを修了されてもアメリカの大学等に直接編入することはできませんが、留学した方々はJCMUでの経験が留学の準備に役立ったと感じてくださっています。

Q5.JCMUで勉強したら、アメリカの大学への入学申し込みのためにサポートが得られますか?

当センターでは留学の斡旋等は行なっていませんが、ミシガン州の15の公立大学と連絡をとる際のサポートは可能です。留学生から直接話を聞いて、アメリカの大学や生活についての情報を集めることも出来ます。

Q6.JCMUでは、アメリカからの留学生が日本語を勉強しているそうですが、英語プログラムを受講したら、JCMUの留学生と話をしたり交流をしたりできますか?

はい、英語プログラムを受講されている方とJCMUの留学生には、様々な交流機会があります。また、カンバセーション・パートナー制度を通じて、留学生と友達になり、英会話力を向上させることも可能です。この制度では、英語プログラム受講生はJCMUの留学生を紹介され、クラス外での語学練習の機会やお互いについてより深く知る機会を得ることができます。

Q7.英検○級(あるいはTOEIC○○点)をもっていますが、自分の英語能力で授業についていけるか心配しています。

講座の申込受付がはじまると、たくさんの方から、こうした質問をいただきます。当センターの名称から、高い英語力を持つ人ばかりが受講していると想像されているのかもしれませんが、決してそのようなことはありません。高校生以上の方で、英語に興味がある方ならどなたでもお申し込みいただけます。
受講に不安がある、またはどのクラスを選べば良いかわからない、などの場合、まずは受講申込を済ませた上で、事前にネイティブ教官と直接お話しいただき、ご相談いただく事ができます。また、受講を開始した以降でもクラス変更をご希望の場合は、担当教官が認めた場合に限り、受講途中からでもクラスを代わることも可能です。
いずれの場合も、まずは英語プログラム担当者までご連絡ください。

Q8.JCMUの英語講師について、もっとよく知りたいと思っています。どのような方々か教えていただけますか?

JCMUの講師は全員、大学院修士課程を修了、または英語を母国語としない方に英語を教えるための資格を有する者で、日本での英語教育の経験も長く積んだプロの講師です。彼らは、専門的な学会や研修会への参加、また専門書を通して、語学教授法についての研鑽を続けています。

Q9.私の家は彦根から遠いのですが、JCMUの寮に住むことは可能ですか?

18歳以上(高校生不可)で、週10時間以上の受講をされる場合は、当センターの学生寮に入っていただくことができます。ここでは、アメリカからの留学生とルームメイトになることが可能です。(料金は別途)